開発される体

年齢を重ねるほど強く求める

女性の性感帯というのは男性とは比べ物にならないぐらいに深い快楽を得られると言われております。本来であれば男性の何倍も気持ちいいスペックを持っているということはそれだけ色々な性感帯があるということなのかもしれませんね。

男性は単純な構造で出来ているためただ前後に腰を動かすだけで満足は出来ると思いますし、それが性感帯を単純に刺激するからいいからかもしれません。

しかし、女性の場合の性感帯というのはかなり複雑に絡み合った構造となっているらしくてなかなか奥深くまで気持ちよさが開発されないと言われております。人によっては生涯一回も達せずに終わってしまうという人もいます。なぜここまで男性と女性とでは違いがあるのかというと男性の場合は多くの子孫をなるべく色々なバリエーションで増やしていこうと考えます。

単純な生物学的行動に乗って言うのであれば何人もの女性と性行為を重ねることで色々なタイプの子孫が残せます。そのためには単純でわかりやすい性感帯の方が都合がいいのです。

で一方の女性というのはそもそも母性本能というものがかなり男性よりも多く働きますのでそのため女性はエッチに対して興味を持つよりも子孫を守るという風にプログラムされているのです。

多少の性欲があるにせよそれでも子供の面倒を重視してね!といった構造なのです。それでもどんどん体が開発されていったら女性は適応能力が極めて高いのでエッチなどを開発していくのです。

まるでトレジャーハンターのような感覚ですよね。苦難を乗り越えていった先にものすごいものが待っていると言った感じなのです。

子供を産んで満足したら女性も結構エッチになると言われておりますがそれはやはり子育てが一区切りついてまた母親から女性へと変わるのかもしれませんね。

女性の性感帯は難しいのです。